東京都内でバーチャルオフィスを探すときの注意点をまとめました

東京都内には住所貸しサービスのバーチャルオフィスがたくさんありますが、どこのオフィスも同じ内容と質のサービスを提供しているわけではありません。例えば住所を貸してもらっても、あまり全国的に知られていない住所だと、住所のブランド効果が下がってしまいます。起業したての頃はブランドイメージが大切なので、銀行名が入ったビルや、千代田区などの安心感を与えられる住所だといいでしょう。また、会議室を利用できるところもありますが、会議の際に参加者が集まる場合は移動に便利な立地ではないと、利便性が低いです。中心となる駅へのアクセスが良く、徒歩でも数分で行ける立地だと安心です。こういったことを総合的に考えて選ばないと、後で困る可能性があるので注意しましょう。

必要に応じで使える設備があるか

レンタルオフィスや賃貸物件を借りるのは高いから、バーチャルオフィスにするという場合には、住所だけ貸してもらえれば十分なのかよく考えておく必要があります。スモールビジネスのスタートアップでも、10名程度が入れる会議室が必要になることがあります。東京のバーチャルオフィスでは小さい会議室しか設置していないところもあるので気を付けましょう。会議室も使う予定があるならば、必要に応じて使い分けられる会議室のバリエーションが豊富だと安心です。他にも、イベントルームや動画スタジオなど情報発信がしやすいシステムが整っているかどうかもチェックしておきましょう。自分で高いコストをかけて動画発信をするよりも、設備としてまとめて使える方が低コストで運営できる可能性があります。

スタッフ常駐だとセキュリティも安心

東京のバーチャルオフィスの中には、施設の運営コストを下げるために無人で運営しているところもあります。格安や激安を謳い文句にしているところは、無人運営の可能性が高いので注意しましょう。営業時間中はスタッフが常駐していて、会員やゲストにきめ細かいサービスができるようにしているところだといいです。また、女性でオフィスを利用したいという人の場合は夜遅くに施設を利用する時に、スタッフが夜遅くまでついてくれるオフィスだと安心して会議や打ち合わせができます。審査をしっかり行い、身元がしっかりわかっている人だけが利用しているオフィスであれば、セキュリティ面も安全です。受付スタッフだけではなくタッチパネルの受付端末を使って急な来客にも対応できるシステムがあれば、ビジネスチャンスを逃さずに済みます。

ホームページからのお申し込みも受け付けております。 来客があった場合にも当社が対応しお客様へご連絡致します。 進化し続けるバーチャルオフィスを様々な場所から利用することが可能となっております。 オフィスサービスを当社は全力サポートさせて頂きます。 効率よく確実に会社設立をする為に。当社はご利用のお客様に対して会社設立代行サービスを提供しております。 東京でお勧めのバーチャルオフィスはこちら