東京でバーチャルオフィスを効率的に探す方法を解説します

住所や電話番号を貸してくれるバーチャルオフィスは、起業したての人にはありがたいサービスです。東京で借りる場合は、たくさんの会社があるのでその中から自分の目的にあった会社を探すことが大切です。やみくもにネットで検索するのは時間の無駄なので、効率よく探す方法を抑えておきましょう。まずは自分が使いたいサービスを確認するようにします。実態のないオフィスだから住所や電話番号だけ確認すれば良いというわけではありません。サービス内容を確認することで、後のトラブルを防ぐのに役立ちます。トラブルとして多いのが、法人登記に対応していなかったり、秘書サービスが外国語に対応していなかった、シェアオフィスとしても使えるはずがいつも混んでいて使えない、などです。

選ぶときの基準となるポイントとは

東京でバーチャルオフィスを探す時には、どういうサービスを求めているのか、そのサービスを扱っているかという順序で確認します。この作業をしておかないと、イメージと違って後で困る可能性があるからです。次に、無駄な費用がかかることはないかどうかを確認します。料金プランの中に不要なオプションがセットでついている場合は、不要なサービスのためにお金を払うことになります。起業したての頃はただでさえ資金不足に陥りがちですから、小さな無駄でも大きな損失と考えて省くことが大切です。契約をする時には、サービス内容や初期費用の内訳を細かくチェックしておきましょう。最低限のサービスだけ使いたい場合は、必要なサービスが一つずつ選べるようになっている料金設定の方が安心です。

自分のビジネスと合っているかどうか

バーチャルオフィスは一等地の住所を貸してもらえるという魅力がありますが、自分のビジネスと合わない場合もあります。業種としては、来客が少ないビジネス向けです。例えばコンサルタントやWEBサイトの運営者などという業種に向いています。こういう業種はこちらからお客様のもとに出向くので、来客が少ないです。逆に、来客が多くて顔合わせをして打ち合わせする機会が多い業種はレンタルオフィスなどの実体のあるオフィスサービスの方が適しています。業種的にバーチャルオフィスの利用が適している場合は、東京の中でどこの施設が自分のビジネスの規模にあった住所かを確認しましょう。高額商品を扱っているのに、住所が雑居ビルの住所などになっていると、ビジネスに支障が出る可能性があるからです。