東京でバーチャルオフィスを安く借りるための留意点

東京には一等地に多くのバーチャルオフィスがあります。これは会社の場所と電話番号を借りるという形でオフィスを構えるスタイルのサービスです。月々数千円程度で利用できますが、電話代行サービスなどを併用するとコストは増えることになります。そこで安く借りるためにはいくつかの工夫をする必要があります。まず場所ですが、人気の高い銀座や赤坂といったエリアを外して、もう少し地価の安いところを探すのがポイントです。そして電話サービスですが、転送だけに絞ることで料金を安くできます。独立開業する業種によっても、会社の所在地として適する場所というものがあります。あまりに高級エリアに借りると、かえって不自然と思われることもあるので料金の安いエリアを検討することも必要です。

極力経費を削減するための方法とは

東京でバーチャルオフィスを借りるとなれば、一等地ではそれなりの使用料が必要となります。そこで少し都心から離れたエリアを探すことで、安く借りることができます。郵便物などは実際の活動拠点や自宅に転送してもらえるので、どこで借りても不自由はありません。また業種によっては一等地にこだわる必要もないので、使用料はいくらでも削減することが可能です。さらに電話サービスですが、代行サービスで受電業務を頼むとなれば料金が高くなります。そこでオプションとして用意されている転送サービスを利用すれば、料金はかなり安く抑えることができます。このように都心から少し離れることで、コストを抑えてオフィスの住所のみを借りることが可能です。実際にその場所を利用するわけではないので、好きな場所を拠点として活動できます。

サービス内容にも注意が必要です

東京には様々なバーチャルオフィスがありますが、そのサービス内容も実は色々とあります。もちろんサービスが充実するほどに料金は高くなります。例えば会社登録を行うことができるか否かによっても、料金は異なります。例えば開業にあたり、とりあえずバーチャルオフィスを利用しておいて、いずれはオフィスを構える計画だとします。その場合にはいずれ登記も移転することになるので、自宅で登記しておいても問題はありません。あくまでも立ち上げの際の一時的な利用であれば、最低限のサービスを受けるだけで支障はないものです。その点を踏まえて借りることが必要と言えます。場所選びも自分の業務のイメージに合うという観点から探してみるのも良いでしょう。一等地でなければいけないということはありません。